脱毛前後の「飲酒」は注意が必要?避けるべき理由と対処法について解説

2023年12月19日

脱毛前後の「飲酒」は注意が必要?避けるべき理由と対処法について解説

美容のためには飲酒を控えたほうが良いとよく言われていますよね。

しかしお酒は美味しく楽しい気分にさせてくれることから、ついつい毎晩晩酌したり、頻繁に飲み会に参加される方も多いのではないでしょうか?

そんな美味しいお酒ですが、実は脱毛前後の飲酒には注意が必要なことをご存知ですか?

「脱毛前後にお酒を飲んだくらいで大丈夫でしょ?」と安易に考えている方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、脱毛前後の飲酒はトラブルの原因になることがありますので、正しい知識を持っておくことが大切です。

今回は、脱毛前後の飲酒がNGな理由と対処法について詳しくお伝えします。

お酒好きの方は特に必見の内容となっています。

興味のある方は是非最後まで読んみてくださいね!

脱毛前後の飲酒がNGな理由

脱毛前後の飲酒がNGな理由

脱毛サロンやクリニックでは、施術前後のアルコール摂取を控えることが広く勧められています。

しかし、一見すると脱毛と飲酒には何も関連性が無さそうに思いますよね。

なぜ脱毛前後に飲酒は控えるべきなのか、その理由を最初に解説します。

脱毛後の肌トラブルのリスクが高まる

脱毛後の肌は、脱毛機のレーザーによって軽い炎症を起こしている状態となっていますので通常より肌が敏感になっています。

その状態でアルコールを摂取すると、肝臓機能が低下することで肌の新陳代謝が遅れ、回復力や治癒力が通常よりも弱まってしまいます。

その結果、脱毛処理後の赤みや腫れが長引いてしまうのです。

施術中に痛みを感じやすくなる

脱毛は、レーザーによる痛みが生じることもありますが、脱毛前の適度な緊張が施術痛を緩和することが知られています。

しかし、脱毛前に飲酒をしてしまうと緊張がなくリラックスした状態で脱毛を受けることになるので、痛みに対する耐性が低下してしまい、通常よりも痛みを感じやすくなってしまいます。

また、飲酒をすると利尿作用も働き、体内の水分が減って肌が乾燥してしまうため、バリア機能の低下も合わさって、より強い痛みが生じるかもしれません。

肌が乾燥しやすくなるから

お酒に含まれるアルコールは体内の水分を奪い脱水状態を引き起こしやすくする作用があります。

そのため、脱毛前後の皮膚の乾燥が悪化することがあります。

乾燥肌は、脱毛施術による刺激から肌を守る働きが低下し、他の皮膚トラブル(炎症など)を引き起こしてしまうリスクも高まります。

脱毛効果が薄れてしまう

飲酒は脱毛効果にも影響を及ぼします。

アルコールが体内で分解される過程で発生する物質は、血液の流れを悪化させ、肌細胞の酸素供給を不足させます。

この酸素不足は肌細胞の新陳代謝を妨げ、肌の健康を損ないます。

脱毛を行う際には、皮膚の健康状態が結果に大きく影響するため、アルコールを摂取する習慣がある場合は、その影響を理解して改善することが重要です。

脱毛前後に何時間飲酒を控えるべきなのか?

脱毛前後に何時間飲酒を控えるべきなのか?

前述したように脱毛前後には飲酒は控えることが賢明です。

では具体的にどのくらいの感覚を空けるべきなのかの目安や注意点について解説します。

脱毛前後12時間以上は飲酒を避ける

脱毛前後は12時間は飲酒を避けることが一般的な目安です。

可能であれば、脱毛前後24時間 は飲酒を控えることがベストで安心です。

この期間を設けることで、肌が過敏になるリスクが軽減され、より安全に脱毛を受けることが可能となります。

アルコール分解にかかる速度は人それぞれ

前述したように前後12時間以上間隔を空けての飲酒であれば概ね問題ありませんが、人によってアルコールの分解処理にかかる時間は異なります。

アルコール分解が遅いタイプの方(お酒が体内に残りやすい、二日酔いになりやすいetc… )は12時間という時間はあくまでも目安なので、それ以上に時間を空けることも検討し、自身の体質を考えながら調整することが必要です。

誤って飲酒してしまった場合の対処法

誤って飲酒してしまった場合の対処法

脱毛前後に誤って飲酒した場合の対処法について説明します。

飲酒は肌に影響を及ぼすことがあり、脱毛の効果を低下させる可能性があるため、脱毛前後の飲酒は避けることが望ましいです。

しかし、万が一脱毛サロンやクリニックの予約をしたことを忘れてしまったり、断れない用事で飲酒してしまった場合には適切な対処法を実践することで、肌トラブルを最小限に抑えることができます。

もちろん、これらの対処法はあくまで応急処置に過ぎません。

根本的には、脱毛前後の飲酒を避けることが重要です。

十分な水分補給を行う

もしどうしても飲酒を控えることが難しい場合には、アルコール度数の低いお酒を選ぶことや、水分補給を忘れずに行うことで、肌トラブルのリスクを低減させることができます。

体内のアルコール分を早く排出するために、たくさんの水を飲むことで、アルコールの排出を促進させましょう。

また、肌のコンディションを整えるためにも、十分な睡眠を確保し、食事もバランスの良いものを心掛けるようにしましょう。

脱毛後に脱毛部位を冷やす

脱毛後にアルコールを摂取した場合は、脱毛部位を冷やすこともおすすめです。

アイスノンなどを使用して、肌の温度を下げることで、跡になるリスクを減らすことができます。

保湿をしっかり行う

脱毛後は特に乾燥や刺激を避けることが大切ですので、アルコールを摂取してしまった場合には、いつも以上に保湿クリームやローションで、入念に肌をしっかり保湿してあげましょう。

クリニックやサロン、医療機関へ連絡

これはおすすめできる方法ではありませんが、脱毛の前に過度に飲み過ぎてしまった場合についてはクリニックやサロンへ連絡し施術が可能か確認してみてください。

状況によっては断られるケースもありますので、できる限りお酒の摂取は控えるように気をつけましょう。

また、脱毛後に飲酒が原因かもしれない肌トラブルが発生してしまった場合には、無理をせずに早めに医療機関などの専門家に相談しましょう。

一度肌トラブルが起きてしまうと、治るまでに時間がかかることがありますので、安易な判断は避けることが大切です。


飲酒以外にも脱毛前後で注意すること

飲酒以外にも脱毛前後で注意すること

飲酒以外にも、脱毛前後での注意事項はいくつか存在します。

注意点をきっちり守ることで、脱毛効果を最大限に引き出すことができますので合わせて確認しておきましょう。

湯舟にはつからない

脱毛前後はシャワーだけにしておくことが推奨されています。

長湯によって肌が温まりすぎることで、毛穴が開き、肌が敏感になるため、炎症や感染症のリスクを増大させる可能性があるからです。


激しい運動やサウナを控える

激しい運動やサウナも脱毛処理の前後には控えるべきです。

この理由は、湯船につかるのと同様に肌が敏感になる可能性があるからです。

特に激しい運動によって生じる汗や体温の上昇は、肌を刺激し、炎症を引き起こす可能性があります。

運動は脱毛施術後少し余裕ができてから再開しましょう。


刺激性化粧品を使用しない

脱毛後の数日間は、スキンケア製品であっても適切なものを選ぶことが重要です。

ハードなスクラブや強い香りのものは刺激となり得るため避け、肌にやさしい保湿成分が含まれる製品を選ぶことがおすすめです。


過度な紫外線は浴びない

脱毛前に日焼けして黒く色素沈着した肌への照射は、やけど・肌トラブルの危険性があるためクリニックによっては施術を断られるケースもあります。

施術できたとしても赤みなどが出ている場合には出力を下げて照射するため脱毛の効果が落ちる上に、ダメージを受けた肌への脱毛は痛みを強く感じてしまいます。

また、脱毛後に関しても脱毛した次の日はもちろん、最低でも2週間ほどは日焼けを避けましょう。

脱毛後は肌に熱がこもりやすいため、日焼けをしてしまうと肌トラブルが起こる危険性が増します。


関連記事

脱毛当日に日焼け止めを塗ってはいけない理由とは?塗ってしまったときの対処法もご紹介

「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」はSHR方式で敏感なお肌にも優しい脱毛器を導入しています

「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」はSHR方式で敏感なお肌にも優しい脱毛器を導入しています

脱毛前後の飲酒は正しく知識を持った上で、控えることが賢明です。

脱毛効果を最大限に発揮するためにも飲酒は少し我慢しましょう。

「肌トラブルの少ない脱毛がしたい」 「脱毛はしたいけど高額な金額は払えない」 「予約がすぐ取れるところがいい」 このようなお悩みをお持ちの方は札幌の「セルフ脱毛サロンfree style」でセルフ脱毛はじめてみましょう!!

「セルフ脱毛サロンfree style」ではSHR方式の蓄熱式脱毛器を採用しているため、お肌にも優しく痛みを感じにくいとご利用者様からはご好評いただいています。

デリケートな部分の照射にも適していますので安心して施術いただけますよ。

さらにLINEからいつでも空き時間にすぐ予約が取れるので事前にスケジュールの調整も不要で簡単です。

キャンセルも前日までOK、その場で変更手続きもできるので、急な飲み会の予定などが入っても安心して日程を変えられますよ!

是非一度お試し0円キャンペーンで50分間無料で体験してみてください。

まとめ

この記事を読んでいただいて、脱毛前後の飲酒についての理解が少し深まったでしょうか?

脱毛と飲酒のバランスを上手く取ることが、美しい肌を効率的に手に入れる鍵となります。

ついつい飲み過ぎてしまうお酒ですが、脱毛前後12時間は控えるようにしましょう。

また、飲酒に限らず脱毛前後に注意すべきポイントを再確認し、脱毛当日に挑みましょう。


この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた店舗

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free styleは無人営業での脱毛サロンになり、50分4980円で脱毛し放題とリーズナブルな料金設定です。

実際の脱毛サロンなどで使われている脱毛器を使用しており、簡易的な操作で施術が可能。

人目を気にせず、メンズ、レディース、キッズ脱毛問わず、可能です。

最新記事

一覧に戻る

期間限定!今なら0円!LINE予約システムからお試し予約!