セルフ脱毛でジェルは必要?ジェルを使用するメリットやデメリットについて解説

2024年01月17日

セルフ脱毛でジェルは必要?ジェルを使用するメリットやデメリットについて解説

セルフ脱毛サロンを訪れた際には必ず施術前に塗布が必要になるジェル。

サロンにも常設されていることがほとんどです。

「でも、ジェルって何故必要なの?」「家庭用のセルフ脱毛機では使わないけど?」と疑問に感じることもあるのではないでしょうか。

今回の記事ではセルフ脱毛する際のジェルの必要性やそのメリット、ジェルを使わない脱毛機との違いについて詳しく解説していきます。

セルフ脱毛を検討中の方は是非参考にして、ジェルについての知識を深めてみてくださいね。

ジェルがもたらすセルフ脱毛のメリット

ジェルがもたらすセルフ脱毛のメリット

まずはじめに脱毛ジェルがもたらすセルフ脱毛時のメリットについてご紹介します。

なぜ施術前に塗布が必要なのかもこちらを読むとご理解いただけるかと思います。

光脱毛の照射効率性が上がる

脱毛ジェルは肌に塗布することにより、脱毛時に照射する光が毛根まで届きやすくなる性質があります。

それによって、一度に照射できる範囲も広がり、効率的な脱毛が実現できます。

痛みが軽減する

脱毛ジェルは脱毛時の肌の保護も兼ね備えています。

ジェルの潤いのある層が肌を包み込むことで、熱から敏感な肌を守りつつ、光脱毛のリスクを最小限に抑える役割を果たします。

特にデリケートな部分を処理する際には痛みが出やすくなるため、このジェルの役割がとても大切になります。

肌への刺激を防ぎながら脱毛できますので、安心して施術にのぞむことができます。

保湿・美肌効果がある(肌の保護になる)

脱毛ジェルには美肌効果の高い保湿成分が含まれている製品が多いです。

どんなに脱毛したいと思っていても、肌が荒れてしまっては元も子もありませんよね。

脱毛ジェルには、お肌に浸透しやすい保湿成分がたっぷりと含まれていることが多く、肌にハリと潤いを与えます。

さらに、これらの成分は抗酸化作用も持っており、お肌を若々しく保つ効果も期待できるでしょう。


施術の効率が上がり、時間が短縮される

脱毛ジェルによって肌の上が滑らかになり、脱毛器がスムーズに動くことで、処理に要する時間が短縮されて手軽に自己処理が可能になります。

さらに、ジェルが肌に残した潤いは、脱毛後のケアとしても有効で、追加のローションやクリームの使用を削減できるため経済的です。


ジェルを使用することのデメリット

ジェルを使用することのデメリット

ここまで脱毛ジェルを使用するメリットについて解説してきましたが、デメリットについてもご紹介します。

脱毛前後の手間がかかる

まず最初にあげるデメリットとしては、ジェルを塗る手間と拭き取る手間がかかる点です。

ただし、セルフ脱毛サロンなどではジェルを塗りやすくするため専用のスパチュラなどが常備されていたり、拭き取り不要で塗りこむタイプの高品質なジェルを使用しているケースもあるため、気になる方はそのようなセルフ脱毛サロンを選択してみるとよいかもしれません。

アレルギー反応のリスクがある

これは脱毛ジェルに限らず化粧品類全てに言えることにはなりますが、やはり人によっては肌に合わない成分というのが含まれている可能性はあります。

肌トラブルを起こしやすい敏感な方への対策として効果的なのは皮膚へのパッチテストです。

パッチテストは、製品を小さな皮膚範囲に適用し、その反応を観察することによりアレルギー反応が生じるかどうかをチェックするテストです。

これにより、頻繁に使用する製品が潜在的なアレルギーを引き起こすリスクを確認することができます。

肌の冷たさを感じる

塗布する際に肌が冷たく感じるため、寒さが苦手な方はにはデメリットとなるかもしれません。

ただし、室温を暖かくした状態で使用するには、そこまで寒さは気にならないでしょう。

ジェルが不要な脱毛の特徴

ジェルが不要な脱毛の特徴

ジェルを使用しない脱毛機もあります。

理由としては冷却装置が機械に搭載された脱毛機を導入していることが多いからです。

照射と同時に冷却しながら脱毛を行うため、痛みが無く、ジェルが不要になります。

一般的にはジェルを使用しての脱毛器がほとんどですが、このタイプの脱毛器を使用する場合にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

その特徴について詳しく解説していきます。

手間が省ける

ジェル不要の利点はなんといっても塗布しなくてよいので大幅に手間が省けることでしょう。

忙しい方や、面倒が嫌いな方にはおすすめの脱毛方法かもしれません。

ジェルの購入費用が削減できる

ジェルの購入が不要であるという点は経済的に大きなメリットになります。

その分の浮いた費用で何か他の大切な物や体験に費用を使うことができます。

ただし、自宅で行わずにセルフ脱毛サロンへ通う場合には元々ジェルは備品として無料で使えることがほとんどですので、その場合は特に問題にはならないかもしれません。

肌トラブルのリスクが高い

ジェルを使わないセルフ脱毛にもデメリットがあります。

最も大きな問題は、ジェルなしで脱毛を行うと、肌が乾燥しやすくなることです。

ジェルは肌を滑らかにし、脱毛後の乾燥を防ぐための保護膜を形成します。

ジェルを使用しない場合、この保護膜がないため、特に乾燥肌の人にとっては刺激が強くなる可能性があります。

乾燥肌や敏感肌の方は脱毛後入念な保湿を行うなど、注意が必要になります。

脱毛ジェル使用時のポイント

脱毛ジェル使用時のポイント

セルフ脱毛ジェルの効果的な塗り方について解説していきます。

美肌を手に入れるための3つのポイント、「正しい量の把握」、「塗布のテクニックとコツ」、「脱毛部位に応じた塗り方」をしっかりと抑えましょう。

正しい量を把握する

まず「正しい量の把握」ですが、ジェルは厚塗りする必要はなく、1mm程度に伸ばしていただければ構いません。

ジェルの適量は肌に薄く均等に伸ばすことが大切です。

 オーバーに使うとむしろ滑りすぎて、脱毛器がうまく照射できなくなることもあるので注意してください。

塗布のテクニックとコツ

塗る前には肌を清潔に保っておくことが大切です。

コツとしては、ジェルを手のひらに少し出し、両手をこすり合わせてから肌に塗布すると、冷たさを和らげることができます。

また、塗る際には円を描くような動きで肌に馴染ませると、均等に塗りやすくなります。

サロンにスパチュラなどが用意されている場合には、手のひらは使わずにスパチュラで均等に塗りましょう。

脱毛部位に応じた塗り方

脚や腕などの広い範囲を脱毛する場合は、少しずつ広げていくのがおすすめです。

そうすることで、効果的にジェルを使い切りながら、脱毛器が滑りやすくなるでしょう。

また、デリケートゾーンや顔などの狭い範囲を脱毛する場合は、照射する部位だけに塗ることで、効率的に脱毛できます。

美肌効果も高いジェルで脱毛するなら「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」がおすすめです

美肌効果も高いジェルで脱毛するなら「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」がおすすめです

セルフ脱毛の際のジェルの使用についてご理解いただけたでしょうか。

ジェルには脱毛の効率性や痛みの削減だけではなく、美肌効果を高めてくれる作用があります。

(※製品によって異なりますので、美肌効果が無いものもございますのでご了承ください)

是非セルフ脱毛する際にはジェルを塗布して効率よく、美肌も手に入れながら進めてみてくださいね。

「ジェルのふき取りが面倒」 「美肌効果本当にあるのかな」 「寒いのが苦手なので冷たいのは嫌だな」 このようなお悩みをお持ちの方は是非「セルフ脱毛サロンfree style」でセルフ脱毛はじめてみましょう!

「セルフ脱毛サロンfree style」ではふき取り不要のプロ専用の高品質な脱毛ジェルが使い放題ですので、安心してご利用いただけますよ。

また、店内は冬場も暖房で暖かく寒さも感じにくい店舗となっております。

脱毛器も最新式の効果の高いものとなっておりますので継続して通っていただければすぐに効果も実感していただけますよ。

是非一度お試し0円キャンペーンで50分間無料で体験してみてください。

まとめ

脱毛ジェルの使用によるメリットやデメリット、また使い方のコツについて詳しくご紹介しました。

正しく脱毛ジェルを使用することで脱毛の効果を高め、さらには美肌効果も期待できますよ。

ジェルが不要な脱毛方法もありますので、自身の肌質なども考えて最適な方法で脱毛を進めていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた店舗

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free styleは無人営業での脱毛サロンになり、50分4980円で脱毛し放題とリーズナブルな料金設定です。

実際の脱毛サロンなどで使われている脱毛器を使用しており、簡易的な操作で施術が可能。

人目を気にせず、メンズ、レディース、キッズ脱毛問わず、可能です。

最新記事

一覧に戻る

期間限定!今なら0円!LINE予約システムからお試し予約!