セルフ脱毛するとき、ほくろはどうする?注意点や対処方法について解説

2024年01月23日

セルフ脱毛するとき、ほくろはどうする?注意点や対処方法について解説

セルフ脱毛は、脱毛を手軽に行える美容方法として人気がありますが、その際に気になるのがほくろの扱いです。

ほくろは皮膚の一部であり、無理な脱毛処理によってトラブルが生じる可能性があります。

この記事では、セルフ脱毛を行う際のほくろに関する注意点と対処法について詳しく解説します。

ほくろの基本知識

ほくろの基本知識

まず初めにほくろについて基本的な知識をご紹介します。

安全にセルフ脱毛を進めるために、ほくろの特徴を事前に確認しておくことが不可欠です。

ほくろとは?

ほくろとは皮膚にできる色素沈着や血管の拡張によって形成される小さな斑点のことを言います。

ほくろは様々な形状や色合いを持ち、個人差が大きいのも特徴です。

しかし、異常なほくろや皮膚がんのリスクがあるものも存在するため、施術前にほくろの特徴を理解し、注意深く観察することが大切です。

種類①良性ほくろ

良性のほくろは一般的に均一な色を持ち、形が整っています。

これらのほくろは美容に支障をきたすことはありませんが、施術の際には注意が必要です。

種類②異常なほくろ

大きなほくろや不均一な色、突起しているなどといった形状が変わっているほくろは異常かもしれません。

これらのほくろには皮膚がんのリスクが潜んでいる可能性があるため、脱毛前に専門医の診断が欠かせません。

ほくろ部分をセルフ脱毛する安全な方法

ほくろ部分をセルフ脱毛する安全な方法

ここからはほくろ部分を考慮しながらセルフ脱毛する方法について解説します。


保護シールを使う

ほくろ隠し専用の白いシールを貼ることで、ほくろの位置を気にせず脱毛器を照射することができます。

最も簡単でリスクの低い方法でおすすめです。

白いシールは文房具用品や100円均一のものでも代用は可能ですが、お肌に負担がかからない専用のシールを準備すると安心です。

ほくろ周りを避けて照射する

上述したようなシールが無い場合には、脱毛処理中ほくろの周りはレーザーや光が当たらないよう極力避けるようにして施術を行いましょう。

特に濃いほくろや突起のあるほくろは、脱毛器具が刺激を与えやすいため、距離を取るか処理を行わないように注意が必要です。

脱毛機器の適切な調整

使用される脱毛機器は、ほくろの周りの皮膚に適した設定で使用されるべきです。

機器の出力や波長をほくろに負担をかけないように慎重に調整しましょう。

照射レベルが強い状態でほくろに当ててしまうと火傷などの原因となります。


関連記事

セルフ脱毛の照射レベルどうしてる?肌に負担をかけない施術方法をご紹介

ほくろに誤って脱毛器を強く照射したときの対策

ほくろに誤って脱毛器を強く照射したときの対策

ここまで説明してきた通り、ほくろには脱毛施術をしないように避けて行うことが基本です。

しかし、ほくろの数が多い方や見落としなどによって脱毛器を通常の強さで当ててしまうこともあるかと思います。

そのような場合にできる対策方法をご紹介します。

冷却と保湿

施術後、ほくろ周辺が赤く腫れてきてしまった場合には、冷却パッドやアイスパックを使用して冷やすと症状の軽減が期待できます。

その後、極力無香料で刺激の少ない保湿剤を使用して皮膚をしっかりと保湿しましょう。

日焼け防止

脱毛施術後は日焼けを避け、紫外線対策を徹底することが必要です。

ほくろは日焼けに弱いため、帽子や日焼け止めを使用して保護しましょう。

また、ほくろの有無に関わらず施術後の日焼け対策はとても大切です。


異常が続く場合は医師へ相談

施術後にほくろ周辺に異常が続く場合は、専門の皮膚科医に相談することが不可欠です。

早期の診断と治療が問題を最小限に抑える鍵となります。

ほくろの変化に注意

ほくろの変化に注意

セルフ脱毛後、ほくろに変化が生じた場合は、即座に注意が必要です。

以下は、ほくろの異常な変化に気づくためのポイントです。

色の変化

ほくろの色が急激に変化したり、周囲の皮膚との色差が顕著になった場合は異常です。

特に赤みや黒ずみが増した場合は、皮膚科の専門医に速やかに相談しましょう。

これは炎症や色素沈着のサインであり、早期の診断が重要です。

大きさの変化

ほくろの大きさが急激に増したり、形が変わった場合は、皮膚がんの可能性があるため、速やかに医師に診てもらうべきです。

ほくろが不規則に境界を持つようになった場合も注意が必要です。

痛みやかゆみ

通常のほくろが痛むかかゆむようになった場合も異常です。

これは感染症や炎症の兆候であり、専門家に診てもらうべきです。

ほくろ部分も安全にセルフ脱毛するなら「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」がおすすめ

ほくろ部分も安全にセルフ脱毛するなら「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」がおすすめ

セルフ脱毛の際のほくろの注意点についてご理解いただけたでしょうか。

是非セルフ脱毛する際にはほくろ専用のシールの使用や、照射レベルを調整しながら慎重に進めてみてくださいね。

「ほくろシールの準備が面倒」 「安全に施術したい」 「痛みが出たら嫌だな」 このようなお悩みをお持ちの方は是非「セルフ脱毛サロンfree style」でセルフ脱毛はじめてみましょう!

「セルフ脱毛サロンfree style」ではほくろシールのご用意はもちろんのこと、高品質な脱毛ジェルや保湿剤が使い放題ですので、安心してご利用いただけますよ。

脱毛器も最新式の効果の高いものとなっておりますので継続して通っていただければすぐに効果も実感していただけますよ。

是非一度お試し0円キャンペーンで50分間無料で体験してみてください。

まとめ

セルフ脱毛は手軽で効果的な美容メソッドですが、ほくろに対する適切な注意が欠かせません。

濃いほくろや大きなほくろは特に慎重な取り扱いが必要であり、脱毛処理を行う際には慎重さを心がけましょう。

ほくろの変化には敏感に反応し、異常が見られる場合は速やかに医師に相談することが、健康な美容ケアの重要な一環となります。

安心して美容を追求するためにも、ほくろに関する知識を深め、慎重なケアを心がけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた店舗

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free styleは無人営業での脱毛サロンになり、50分4980円で脱毛し放題とリーズナブルな料金設定です。

実際の脱毛サロンなどで使われている脱毛器を使用しており、簡易的な操作で施術が可能。

人目を気にせず、メンズ、レディース、キッズ脱毛問わず、可能です。

最新記事

一覧に戻る

期間限定!今なら0円!LINE予約システムからお試し予約!