セルフ脱毛が痛いって本当?軽減するテクニックと注意点の紹介

2024年02月19日

セルフ脱毛が痛いって本当?軽減するテクニックと注意点の紹介

セルフ脱毛は、手軽にムダ毛を処理できる便利な方法ですが、痛みを伴うこともあります。

これはセルフ脱毛に限らず、通常の有人サロンやクリニックでも同じことが言えます。

しかし、適切なテクニックや注意点を押さえれば、痛みを大きく軽減することができます。

本記事では、セルフ脱毛の痛みについての軽減テクニックや注意点について詳しくご紹介します。

痛みが怖くて脱毛に躊躇されている方は是非参考にしてみてくださいね。

セルフ脱毛の痛みの原因とは?

セルフ脱毛の痛みの原因とは?

まず最初に脱毛によって痛みが発生する理由について簡単に説明します。

レーザーまたは光の刺激

脱毛器の多くは、レーザーまたは光を照射して毛根を破壊する仕組みに基づいています。

この照射によって、毛根に熱が生じ、毛根が破壊されます。

しかし、この熱によって一時的に痛みを感じることがあります。

特に、毛の濃い部位や皮膚が薄い部位では痛みが強く感じられることがあります。

毛根の状態

脱毛器の照射は、毛根に直接作用するため、毛根の状態が痛みに影響を与えることがあります。

たとえば、毛根が太くて硬い場合や、皮膚表面に近い場所にある場合は、照射時に痛みを感じやすくなります。

また、毛根が健康である場合は痛みを感じにくい傾向がありますが、毛根が弱っていたり、炎症が起こっている場合は痛みを感じやすくなります。


皮膚の敏感さ

脱毛器の照射は、皮膚に直接作用するため、皮膚の敏感さも痛みの原因となります。

特に、敏感肌や皮膚トラブルを抱えている場合は、照射による刺激が強く感じられることがあります。

また、脱毛器の照射時には一時的な赤みや炎症が起こることもあり、これも痛みを感じる要因となります。

痛みを軽減させる対処法について

痛みを軽減させる対処法について

ここからは痛みをできる限り軽減させられる方法をご紹介します。

正しく利用すれば痛みも気にならず施術が可能です。

事前の準備

脱毛を行う前に、お肌の状態を整えることが大切です。

皮膚が乾燥していると痛みを感じやすくなるため、事前に保湿を行うことで痛みを軽減することができます。

保湿をすることで、肌の水分量が増え、肌表面が柔らかくなります。

また、脱毛前には適切な範囲の毛の長さに整えることも忘れずに行いましょう。

毛が長すぎると脱毛器の効果が弱まるだけでなく、痛みも増す原因となります。

冷却ジェルの使用

脱毛器を使用する際には、冷却ジェルを使用することで痛みを和らげることができます。

冷却ジェルには肌を冷やし、痛みを軽減させる効果があります。

また、ジェルが脱毛器と皮膚の摩擦を和らげるため、肌への負担も軽減されます。

市販の冷却ジェルを使用するほか、一部の脱毛器には専用のジェルが付属していたり、元々冷却機能が備わっている場合もあります。


痛みに対する心理的アプローチ

痛みに対する心理的アプローチも重要です。

リラックスした状態で脱毛を行うことで、痛みを感じにくくすることができます。

脱毛中に深呼吸をしたり、リラックスでき る音楽を聴くなど、自分に合った方法で緊張を解きましょう。

また、脱毛の際には痛みを想像するのではなく、効果をイメージすることで気持ちを前向きに保つことも大切です。

ポジティブな気持ちが痛みを和らげる効果に繋がります。


適切な脱毛のタイミングを把握する

肌の状態や体調によって、脱毛の痛みを感じやすい時期が異なります。

女性の場合、生理前後や妊娠中などホルモンバランスの変化が影響を与えることがあります。

また、肌が敏感な状態や日焼けをしている場合も、脱毛の痛みが強くなる傾向があります。

そのため、脱毛を行うタイミングを適切に把握し、肌のコンディションに合わせて計画することが大切です。


脱毛後のケアをしっかりと行う

脱毛後のケアも重要です。 脱毛によって肌が刺激を受けることで、赤みやかゆみなどのトラブルが生じる場合があります。

脱毛後は肌を優しく洗い、保湿を行うことで肌のバリア機能を高め、トラブルを防ぐことができます。

また、脱毛後は直射日光や高温のお風呂などの刺激を避け、肌を休めるように心がけましょう。


脱毛方式によって痛みは違う?

脱毛方式によって痛みは違う?

光脱毛にはさまざまな種類があります。

いくつかの光脱毛技術とその痛みについて解説していきます。

それぞれに特徴がありますので、自身に最適な方法を選択することが重要です。

SHR方式

SHR脱毛は、毛根に熱を送って脱毛する技術です。

毛根の中には、毛髪の成長と再生に関与する「バルジ領域」と呼ばれる部分があります。

SHR脱毛では、このバルジ領域に熱を集中させることで、毛根の活動を抑制し、毛の成長を遅らせる効果が期待されます。

毛根への熱を効果的に送り込むため、一般的には従来の脱毛方法よりも痛みが少なく施術の効果も高くなると言われています。

IPL方式

IPL脱毛はメラニンに反応する光を肌に照射して、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えることで抑毛効果を発揮するものです。

メラニンに反応する光はワキ毛やVIOの毛などのように太くてしっかりしている毛に高い脱毛効果を発揮します。

一般的にはレーザー脱毛よりも痛みが少ないとされており、熱を感じることもありますが、従来のレーザー脱毛よりも忍耐しやすいとされています。

また、ジェルや冷却装置を使用することで痛みを軽減することができます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、特定の波長のレーザー光を使用して毛根を破壊する方法です。

レーザー脱毛は、より集中的な光を使用するため、一般的にはIPLよりも照射時にピリピリとした痛みや熱さを感じることがあります。

おすすめの脱毛は?

痛みの少なさに対してのおすすめは、SHR方式になります。

ただし、個々の感受性や肌質には差があるため、施術前にはお試し体験を利用するなど一度実際に施術を受けてから判断することが重要です。


痛みが少なくコスパのいい脱毛サロンをお探しの方は「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」がおすすめ

痛みが少なくコスパのいい脱毛サロンをお探しの方は「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」がおすすめ

セルフ脱毛の痛みについてご理解いただけたでしょうか。

是非、正しいテクニックを習得した上で自身に最適な脱毛方法を選択してみてくださいね。

「脱毛したいけど費用はかけられない」

「痛みがあるのは嫌だな」

「手軽に終わらせたい」

このようなお悩みをお持ちの方は是非「セルフ脱毛サロンfree style」でセルフ脱毛はじめてみましょう!

「セルフ脱毛サロンfree style」では最新式のSHR式の光脱毛器を採用しており、痛みも少なく高い効果をすぐに実感いただけます。

また費用面もお得な月額会員だと定額料金で通い放題です。

通えば通うほど効果も加速して短期間で脱毛を完了させれますので、是非一度お試し0円キャンペーンで50分間無料で体験してみてください。

まとめ

セルフ脱毛での痛みについてご理解いただけましたでしょうか。

正しい方法で施術をすればさほど大きな痛みもありませんので、是非痛みが心配で脱毛を迷われている方も前向きに検討してみてくださいね。

また、それぞれの脱毛方法には利点と欠点があります。

自分の肌質や毛の特性、予算などを考慮して、最適な脱毛方法を選択することも重要です。

選択した脱毛方法に関する正しい情報を入手し、適切なテクニックを習得することも大切です。

これらの努力が、痛みが少なくセルフ脱毛を成功させるための第一歩となります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた店舗

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free styleは無人営業での脱毛サロンになり、50分4980円で脱毛し放題とリーズナブルな料金設定です。

実際の脱毛サロンなどで使われている脱毛器を使用しており、簡易的な操作で施術が可能。

人目を気にせず、メンズ、レディース、キッズ脱毛問わず、可能です。

最新記事

一覧に戻る

期間限定!今なら0円!LINE予約システムからお試し予約!