セルフ脱毛サロンの施術時間はどれくらい?全身・部位別にご紹介

2023年07月24日

セルフ脱毛サロンの施術時間はどれくらい?全身・部位別にご紹介

利用時間内であれば自分で好きな箇所を施術できる脱毛サロン。
別の予定の前にさくっと脱毛できるのも、人気のひとつです。

そんな脱毛サロンの施術時間を、前もって知っておきたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

施術時間を把握しておければ、スケジュールを組みやすくなったり、時間内に焦らずに脱毛したりできるでしょう。

そこでこの記事では、セルフ脱毛サロンで部位ごとにかかる施術時間と、利用時間内にできるだけ効率的に施術をするコツについてご紹介します。

施術にどれくらいの時間が必要か知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【部位別】セルフ脱毛サロンの施術時間と施術のコツ

【部位別】セルフ脱毛サロンの施術時間と施術のコツ

セルフ脱毛サロンで脱毛すると、それぞれの部位はどれくらいの時間がかかるでしょうか?

セルフ脱毛サロンの利用時間は、10分から1時間程度です。
効率的に施術するためにも、部位ごとの施術にかかる時間を確認してみましょう。

顔のセルフ脱毛にかかる時間は5分程度です。

ただし顔は、そもそも施術できないサロンや、できても目から下など施術できる部位が限られていることも多いため、事前に脱毛サロンの利用規約を確認しましょう。

強い光が目に入らないよう、必ず備え付けのサングラスをかけて照射してください。
連射ではなく1発ずつ丁寧に照射します。

男性で髭脱毛をする方は痛みが強く出やすいため、出力を弱くして痛みに耐えられるかどうか試してみましょう。
口周りは、照射モレのないよう頬を膨らませるか、手で肌を引っ張って皮膚を伸ばした状態で脱毛します。

関連記事
気になる顔の産毛やひげ!自分で処理するならセルフ脱毛サロンがおすすめ

両腕の脱毛にかかる時間は10分程度。

連射機能を使えば早く終わります。
1発ずつ当てる場合は、もう少し時間に余裕をもちましょう。

腕はセルフ脱毛の中でもかなり施術しやすい部位です。
しかし腕のカーブがきつく、施術の際に照射面が浮いてしまう可能性があります。

肌に密着させずに施術すると痛みが強く出やすいため、照射面が広く心配な場合は、少し強めに腕に押し当てるようにしましょう。

関連記事
腕脱毛こそセルフがおすすめ!きれいな毛穴レスのお肌を手に入れよう

ワキ

ワキ脱毛は、ノースリーブなどおしゃれを楽しみたい方に人気です。

面積が狭いため、両ワキ5分程度で脱毛できます。

ただし凹凸があり、照射しにくく感じる方もいらっしゃるでしょう。
肌から照射面が離れると痛みを感じやすくなり火傷の原因にもなってしまうため、ハンドピースをしっかり押し当てて施術してください。

関連記事
脇脱毛して面倒な処理から卒業しよう!手軽なセルフ脱毛の種類とセルフ脱毛サロンもご紹介

両足にかかる時間は15分程度。
範囲は広いですが腕同様に連射機能で施術すれば、スピーディーに施術できます。

膝の照射の際、曲げた方がよく当たりそうと考えるかもしれませんが、ハンドピースが当てにくくなってしまうため、ひざは伸ばした状態で行いましょう。

足は面積が広く、照射スピードが速くなりがちです。
速く動かしすぎると脱毛にムラができやすくなるため、注意しましょう。

VIO

VIOの施術は、ほかの人に頼むことに抵抗があり、セルフで脱毛したいと考える方も多いでしょう。

VIOにかかる時間は20分程度。
施術範囲はそれほど広くありませんが、見えにくいため時間がかかります。

Vラインはそのまま施術できますが、I・Oラインを施術の際は、サロン内にある鏡で確認しながら施術します。
I・Oラインの施術は、体育座りやその体勢から少しお尻を浮かせた状態がやりやすいでしょう。
立って施術した方がやりやすい場合は、片足をイスに乗せると姿勢が楽です。

関連記事
今流行りの「VIO脱毛」はセルフがおすすめ!メリットと上手に脱毛するコツをご紹介

背中

背中は範囲が広いものの、凹凸が少ない分慣れれば10分~20分程度で施術できます。

ただし直接見えないため、全身鏡を見ながら施術しましょう。

背中は見えにくい分、照射ムラもできやすくなります。
1回目は縦に照射したら、次の施術の際は横に照射するなど工夫しましょう。

体の硬い方などどうしても背中の施術が難しい場合は、二人でサロンを利用するのもおすすめです。

セルフ脱毛サロンの中には、2人で予約できるうえに費用も1人分で済むサロンもあります。
見にくい部分はお互いに施術し合えば、よりスピーディーにできるでしょう。

関連記事
背中のムダ毛目立ってるかも!一人でも上手にセルフ脱毛する方法

全身

全身の脱毛は、慣れれば1時間もあればできるでしょう。
ただし脱毛器によっては、照射スピードが遅く1時間以上かかってしまうこともあります。

利用可能時間が迫ってくると、焦って施術が雑になってしまう可能性があります。
ムラができると、その分何度もサロンに通わなければなりません。

時間内に全身の脱毛が難しい場合は、2回に分けるなど工夫しましょう。

セルフ脱毛サロンで利用時間内に効率的に施術をする方法

セルフ脱毛サロンで利用時間内に効率的に施術をする方法

セルフ脱毛サロンは、予約した時間内にすべてのことを行わなければなりません。
30分の予約をしていれば、その時間内で準備から施術、片付けや清掃まで行う必要があります。

限られた時間の中でできるだけ多くの施術をするためにも、施術以外にかかる時間を短縮させましょう。

下処理は家で済ませていく

脱毛前のムダ毛処理は、必ず自宅で行いましょう。

脱毛を行う際は、脱毛効果を最大限発揮するためにムダ毛を剃っていかなければなりません。

剃毛を忘れてサロンへ行ってしまっても、サロン内に電動シェーバーが備え付けられているため、その場で剃ることもできます。
しかし剃毛時間も予約した時間に含まれるため、その分施術時間は減ってしまいます。

剃り残しがないよう丁寧にムダ毛処理をするのは、案外時間がかかるもの。
貴重な時間を使わず落ち着いて剃毛できるよう、自宅で行いましょう。

施術箇所の化粧や日焼け止めは落としていく

施術箇所は、お化粧や日焼け止め、そのほかのクリーム類を落とす必要があります。

日焼けは脱毛と相性が悪いため避けるべきですが、可能であれば当日は施術箇所には塗らずに行くとよいでしょう。
剃毛同様、その場でお化粧や日焼け止めを落とすと無駄に時間がかかってしまいます。

抵抗がある方は、マスクや帽子で顔を隠す、腕や足は隠れる服装で行くなど工夫しましょう。

脱ぎ着しやすい服装で行く

当日は、脱ぎ着しやすい服装で行くことをおすすめします。

とくに背中やVIOなど、普段隠れている部分を施術する場合。
これらの部分は、見えにくいこともあり施術自体に時間がかかる可能性があります。

施術後の保湿にも時間をとられることを考えると、着脱しやすい服装は必須です。

【セルフ脱毛に時間をかけたくない方必見】サロンを選ぶ前に知っておきたいチェックポイント

【セルフ脱毛に時間をかけたくない方必見】サロンを選ぶ前に知っておきたいチェックポイント

脱毛は1回では終わりません。
間隔をあけて複数回施術を行う必要があります。

セルフ脱毛サロンは、ほかの脱毛に比べ費用を抑えられるとはいえ、できるだけ安く済ませたいもの。
利用時間中にできるだけ多くの施術を行うほかに、施術回数を減らすことでも費用を抑えられます。

セルフ脱毛サロンの脱毛器の種類を確認する

セルフ脱毛サロンで使用されている脱毛器は、主に3種類あります。

脱毛は無計画に脱毛しても満足いく効果は得られず、適切な脱毛周期に合わせて脱毛することで、最大限の脱毛効果が発揮できます。

【セルフ脱毛サロンの脱毛器の種類と特徴】


脱毛方式

特徴

脱毛の頻度

SHR方式

・弱い熱を広範囲に照射する
・痛みがほぼない
・毛包(毛根を包む皮膚組織)全体に刺激を加える
・今生えている毛ではなくこれから生える毛に効果がある
・毛周期のサイクルを気にしなくてよい

最短2週間~

IPL方式

・高温で毛根にダメージを与える
・太く濃い部分に効果が出やすい
・毛周期のサイクルに合わせた施術が必要
・金髪や白髪、産毛には不向き

1カ月半~

SSC方式

・専用のジェルを塗り、光を反応させる
・肌に刺激が少なく、ジェルにより美肌効果が期待できる
・効果が実感できるまで時間がかかる
・毛周期のサイクルに合わせた施術が必要

最短2週間~

このように脱毛器の種類によって、脱毛に適した周期が異なります。

ご自身が通うセルフ脱毛サロンでは、どの脱毛器が使われているのかを確認したうえで、通う頻度を決めましょう。


毛周期について理解する

セルフ脱毛サロンで使用する脱毛器のうちIPL方式とSSC方式は、毛周期を意識した脱毛がポイントです。

毛周期とは「成長期→退行期→休止期」を繰り返す、毛の生え代わる周期のこと。

IPL方式とSSC方式は、成長期(毛が成長し皮膚の表面に出てくる時期)のムダ毛に対し影響を与える脱毛方法です。
そのため皮膚の表面に毛が生え始めていない状態で施術しても、あまり効果がありません。

そして注意が必要なのがこの毛周期は、人によって異なるだけでなく部位によってもサイクルが異なること。

【部位別の毛周期】

部位

毛周期

1カ月~2カ月

1カ月半~2カ月

ワキ

2カ月~3カ月

1カ月半~2カ月

VIO

1カ月半~2カ月

背中

2カ月~3カ月

全身脱毛を始めても、初回は同時に施術できますが、2回目以降は脱毛ペースにずれが生じます。
本来は、それぞれの毛周期に合わせて施術するのが理想ですが、費用も時間もかかるためなかなか難しいでしょう。

毎回同時に全身脱毛するのであれば、平均をとって2カ月に1回程度がおすすめです。

関連記事
セルフ脱毛の頻度は「毛周期」がカギ!毛周期とは?やりすぎるとどうなる?



日焼けを避ける

脱毛前後は日焼けを避けましょう。

黒い部分に反応する脱毛器の場合、日焼けした肌に施術することで、火傷やひりつきの原因となります。
さらには、脱毛効果が得にくくなる可能性もあります。

施術回数が増えることになり、無駄な費用がかかってしまうでしょう。

もしもうっかり日焼けしてしまった場合は、なるべく早めに患部を冷やしてください。
その後、乾燥した肌を十分保湿させることで、肌の回復が早まります。

常に保湿を心掛ける

脱毛前後は、十分な保湿を心掛けましょう。
肌が乾燥していると、皮膚の表面が硬くなります。
すると脱毛しても毛が抜けにくく、十分な効果を発揮できなくなってしまいます。

あまりにもひどい乾燥の場合、施術時の痛みが増す可能性もあり、施術自体を控えた方がよいことも。
そうなるとベストなタイミングでの施術ができず、施術回数が無駄に増えてしまう可能性もあります。

普段から乾燥肌の方はもちろん、乾燥しやすい時期の脱毛には十分注意しましょう。

毛周期を気にしなくてよい!「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」で効率よく脱毛

毛周期を気にしなくてよい!「セルフ脱毛サロンfree style(フリースタイル)」で効率よく脱毛

セルフ脱毛サロンfree style 」では、毛周期を気にすることなく脱毛できる「SHR方式」の脱毛器を使用しています。
全身脱毛をする際も、部位ごとに毛周期を気にする必要がありません。
結果、無駄な時間や費用をかけることなく脱毛が可能です。

また、黒いものに反応して脱毛するタイプの脱毛器は、色が薄く細い産毛の脱毛に時間がかかりがち。
しかし「セルフ脱毛サロンfree style」のSHR方式は、産毛にもしっかり反応するため、完全にツルツルの肌を目指している方にもおすすめです。

お試し体験も行っておりますので、ぜひお気軽にご予約ください。

まとめ

セルフ脱毛サロンは、1回の施術時間が10分から1時間ほどと決められています。
費用をかけないためにも、その時間内にできるだけ多くの部位の施術をしたいものです。

たとえば下処理を先に済ませる、化粧や日焼け止めは落としていくなどの対策をすることで、施術時間を長くできます。

また、使用する脱毛器の種類や毛周期を意識した脱毛で、施術回数を減らし無駄に時間をかけずに脱毛が可能です。

今回ご紹介したコツを参考にしていただき、時間をかけずに満足できる脱毛を目指しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた店舗

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free style

セルフ脱毛サロン free styleは無人営業での脱毛サロンになり、50分4980円で脱毛し放題とリーズナブルな料金設定です。

実際の脱毛サロンなどで使われている脱毛器を使用しており、簡易的な操作で施術が可能。

人目を気にせず、メンズ、レディース、キッズ脱毛問わず、可能です。

最新記事

一覧に戻る

期間限定!今なら0円!LINE予約システムからお試し予約!